イスラム 国 日本 標的

イスラム

Add: bisusege21 - Date: 2020-12-17 14:19:52 - Views: 763 - Clicks: 4559
/102 /1596581 /1925415455c8d /71469

ただし、イスラム過激派がわざわざ日本人を狙うことはなくとも、日本人だからテロ標的から除外されるということもありません。IS支持者の攻撃目標は「異教徒の外国人」であり、日本人は一見してその条件に合致します。 たとえば、これまで「異教徒の外国人を狙ったイスラム過激派のテロ」に日本人が巻き込まれた例はいくつかありましたが、「日本人」との理由で攻撃されなかった例はありません。かつては97年のエジプト・ルクソールでのテロ、あるいは13年のアルジェリア天然ガス施設襲撃、15年のチュニジア博物館襲撃、さらに今回のバングラデシュの事件も、いずれも日本人は一見して「異教徒の外国人」であることが明白なため、真っ先に殺害されています。 つまり、「日本人だ」ということで優先的に狙われることはなくとも、攻撃対象である「異教徒の外国人」の中には含まれるということなのです。それは、97年のルクソール事件で明らかなように、なにも最近になって始まった話ではありません。安倍政権が対IS有志連合に経済分野で加わったり、小泉政権がイラク復興有志連合に自衛隊を派遣したりしたタイミングより、ずっと以前からのことなわけです。. 過激派組織「イスラム国」が、「日本が標的になった」などとする記事を掲載した機関誌をインターネット上に公開しました。 12日に公開された. 「イスラム国」日本国内を標的も. 日本外務省では海外安全ホームページを作成していますが、大雑把なものです。もちろんゼロリスクを求めるなら、こうした情報をみて、「危険度が高いところには行かない」のもひとつの対策です。 メディアとしても「危険なところは注意が必要」と言うだけなら簡単なのですが、しかし現実には、対応は非常に難しいのではないでしょうか。 今は世界中のイスラム圏、あるいはイスラム系移民社会の存在する国は、どこでもテロが起こりえます。現在、日本の援助機関や企業の人員がバングラデシュから退避する動きがありますが、バングラデシュと同レベルに危険な場所はいくらでもあります。テロの危険があるところには行かないということであれば、行ける場所はほとんどなくなってしまいます。 現在、イスラム過激派のテロは大流行期といっていい状況であり、今後も世界各地で「異教徒の外国人」を狙うテロが頻発することは確実ですが、戦場や無法地帯でなければ、年がら年中、同一の場所でテロが起きているわけではありません。観光旅行はともかく、仕事その他の所用がある人の場合、「まったく行かない」ことを継続するというのも、現実には困難でしょう。 ただし、もちろんゼロリスクは不可能です。残念ですが、今はまさにそういう状況なのです。. 菅義偉官房長官は2月1日の後藤さん殺害直後の記者会見で、「日本はテロ戦争に突入したのか」という認識を聞かれたが、直接的には答えず「テロ対策の強化」の必要性を強調するにとどめた。しかし、ISのテロ脅迫は現実のものであり、危険度は一気に高まったと言える。 在外邦人のテロ事件を含む事件・事故に対処するのは、まず外務省領事局と在外大使館・領事館が中心となるが、領事業務関係に携わる人員は外務省本省約150人、在外公館450人に過ぎない。体制は十分ではない。 第2次安倍内閣が発足した直後の年1月には、アルジェリアにおける邦人に対するテロ事件が発生し、大手プラント企業「日揮」の従業員10人が殺害される事件が起きている。その後、在留邦人の数は減少傾向にあるが、13年10月現在(外務省調べ)で、中東地域における日系企業数は約680社、民間企業関係者は約3370人、北アフリカ・サヘル地域は580社、約1360人に上る。 特に、イスラム・マグレブ諸国のアル・カーイダ組織(AQIM)の活動拠点であるアルジェリアには約270人、タリバン運動(TTP)のパキスタンには約920人の在留邦人がいる。さらに、ボコ・ハラムのナイジェリアの邦人も190人に上る。 在留邦人は日常的に「テロの脅威」にさらされているのが現実であり、今回の事件を奇禍としてテロ対策強化、領事業務の拡充は急務となっている。. 「国際社会は『イスラム国』との終わりのない戦争に 踏み込んでしまった」と述べた。 佐々木氏は今後の脅威として、「イスラム国」のテロの標的に日本を名指ししたことやアジアの武装集団が「イスラム国」を信仰している 事例などを挙げた。 イスラム国がアメリカと協力する日本を標的にするのは当然です。 ただ、不幸中の幸いで、北朝鮮は近いけど、イスラム国は遠いです。 イスラム国がお金とテロを起こすまでに、未然に防がれる危険回避のためには、自分がいる近くでテロを起こすのが. 日本国内でのテロへの協力者、殺傷能力のある武器を多く持つとされる暴力団は積極的には加担しないだろうが、その類に詳しく精通している反政府主義者や世の中や人生が面白くなく人が大量に殺されるのを楽しむのを好む愉快犯なんかの協力は考え.

異教の国で更に多神教の国である日本も当然イスラム国のキチガイ共にとっては敵となるわけだから標的になる可能性は有る。 イスラム国は派手なニュースとなり宣伝効果のある場所や国の者達を狙う傾向がある。. 以前イスラム国が8000人以上の世界各国の人名による、「標的リスト」なるものを世界に公開し、世界中のイスラム国賛同者に「暗殺」を呼びかけてました。 イスラム国が公表した「標的リスト」には、日本人の名前が69人も公表されていたのです。. テロの標的になりやすい。イスラム国関係者にそそのかされた日本人による『帰国テロ』の不安もある」 日米情報当局関係者によると、イスラム国に傭兵として参加した約2万人の中に「日本人も数人いる」とされる。. さらに、「どうすればイスラム過激派のテロを回避できるか」というテーマに関しても、現場感覚に乏しい言説を散見します。 たとえば、非イスラム教徒なのにイスラム教徒に成り済ますというのも、現実にはまず無理でしょう。イスラム教徒にとって最も重要な「信仰告白」(シャハーダ)、あるいは礼拝時に読誦するコーランの第1章「開端章」(アル=ファーティハ)という短い文言がありますが、それらを唱えることができれば助かるかもしれないかというと、テロリスト相手にはおそらく通用しません。そんなことだけでイスラム教徒に成り済ますことは不可能です。 テロリストに襲撃されることを想定して、建物の出入り口を確認するとか、常に怪しい人物を警戒するとかいうのも、非現実的です。現地では人々は普通に暮らしており、そんな中で人は、自分だけ常に緊張感を持続し、警戒し続けることなどできません、テロに遭ったら、まずは逃げること、そして人質になったら相手を刺激しない、目立たないことが基本ですが、それでも残念ながら運次第です。 イスラム 国 日本 標的 結局、個人にできる防衛法など、ほとんどありません。テロを防ぐのは、それよりも各国の治安・情報当局の仕事です。テロの徴候を掴み、未然に防ぐ。具体的なテロ計画が察知されたら警報を出す。実際にはそれもなかなか難しいのが現状ですが、それでもそうした取り組みを強化する以外にありません。. そうしたことから、日本人を狙うテロはまず起こりませんが、日本にいる「十字軍」の国民を攻撃することは、彼らの言うジハードとしての価値があります。しかし、それも現実にはまず起こりません。 なぜなら、日本ではイスラム系移民社会が未発達で、過激派分子が存在しないからです。IS支持者のテロは、志願者がいる国で起きます。日本には、イスラム系移民のテロ分子はいません。 唯一あるとすれば、日本人の異常犯罪者が、通り魔的な暴発の口実を、流行のイスラム過激思想にこじつけるようなケースでしょう。ただし、その場合はもはやイスラム・テロではなく、単なる犯罪です。. ついに日本も、イスラム国の標的になった。 イスラム過激派の中でも、今注目を集めているのが. 日本のメディア報道では、事件を起こしたイスラム過激派組織を「イスラム国」と表記している。しかし、「イスラム国」は“国家”ではない。日本政府や欧米各国政府は、英語の「(イラクとレバントの)イスラム国」という意味の略称である「IS」や「ISIL」などを使用している。 日本のメディアは、国家でないという意味からカッコつきで「イスラム国」と表記している。米国紙のニューヨークタイムズ、ワシントンポスト、英国放送BBCは「Islamic State」と表記している。 安倍首相は1月30日の衆院予算委員会で「(イスラム国は)国として国際社会から認められ、イスラムの代表であるかのような印象を与えているが、極めて不快だ」と答弁している。1月29日、都内で緊急記者会見を開いた在京アラブ外交団の代表は「ISILはテロ組織で、『イスラム国』というのは誤解である」と強調した。特に同代表は、「パレスチナには1200万人がいながら、いまだに国として呼ばれていない。20万人そこそこのISILは国でない」と念押しした。 イスラム世界、中東諸国情勢に決して明るくない日本社会の中で、イスラム過激派組織を「国」と誤認することだけは避けなければならない。 カバー写真=「後藤さん殺害」を伝えるテレビ画面(提供・時事).

イスラム国は次は日本人を標的にしたと聞いたのですが、それって日本でもテロが起きるということですか? ロシアも報復行動このまま行けば今世紀中に中東の民間人犠牲者は100万人を軽く超えるでしょうか平和より. · なぜイスラム国は日本を標的にするのでしょうか?イスラム国への対テロ宣言に対して怒っているようですが、実際、今の日本には人道支援くらいしかできませんよね。 国民も平和ボケしていて、テロが起きているのに、デモすら起きませんでした。それどころか、責任を首相に押し付け. 大野元裕(参議院議員) 執筆記事 20日付けの報道によれば、イスラーム国(IS)を名乗る勢力がユーチューブ上に投稿をし、シリアで拘束されたとみられる二人の日本人を前に、72時間の期限を設けて、身代金を要求した。かかる卑劣な行為は強く非難されるべきであるが、早急な問題の解決が.

イスラム 国 日本 標的 海外の名無しさんを翻訳しました ISISがついに日本を標的にしたぞ 過激派組織「イスラム国」(IS)は11月18日、英語の機関誌「ダビク(Dabiq)」の最新号をネット上で公開し、「今はすべての日本人が標的だ」と改めて警告した。アメリカ主導の連合国軍を支援しているためだとしている. 福田充 日本国内でテロが発生するなら、外よりも「内」の過激化に気を付けよ。イスラム国による無差別テロの可能性を危機管理が専門の日本大学教授、福田充が国内のテロ対策の警備の現状から読み解く。. 【カイロ=押野真也】イスラム過激派「イスラム国」とみられる組織が日本人男性、後藤健二さん(47)を殺害したとされる映像が1月31日夜(日本. 過激派組織「イスラム国」(IS)は11月18日、英語の機関誌「ダビク(Dabiq)」の最新号をネット上で公開し、「今はすべての日本人が標的だ」と. イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」が日本人を標的にテロを続けると予告したことを受け、中東に進出している日本企業が現地の駐在員.

イスラム過激派「イスラム国(IS)」は19日、博物館襲撃の犯行を認める音声メッセージをインターネットで発表した。 チュニジアには. 「イスラム国がまだ国家樹立を宣言していなかった2年前、『年東京五輪をテロの標的にしている』という情報が入った。 それ以降、日本の警察当局は国内に在住する約10万人のイスラム圏出身者の厳重監視態勢に入っている」. 「イスラム国」日本国内を標的も. 協力者の「帰国テロ」に高まる不安 (1/3ページ). 日本国首相に告ぐ: Although you are more than 8,500km away イスラム 国 日本 標的 from the Islamic State, you willingly have volunteered to take part in this crusade.

協力者の「帰国テロ」に高まる不安 (3/3ページ). イスラム国 IS、ラマダン前に報復開始か 英テロで全欧州が厳戒態勢; 危機管理 日本でも浮かぶ「要人暗殺」の可能性、X国のテロから首相を守るには; イスラム国 イスラム国テロ組織が絶好の標的として虎視眈々と狙う「東京五輪」. 5. ダーイシュ(イスラム国)、「日本人は今や、標的だ」 機関紙で宣言 過激派組織ダーイシュ(イスラム国)はプロパガンダ誌の最新号をネット. 今回の人質殺害事件の真相や経緯の詳細は、今後の調査や検証を待たねばならない。しかし、事件の最終報告を待つまでもなく、テロ事件が続発する国際社会の中で、日本が抱える課題や問題点が浮き彫りになった。 人質殺害事件の経緯は以下の通りだ。 まず、日本政府の対応だが、自国民の生命を守ることに最善を尽くしながらも、結果として人質殺害に至った経緯の中で、国際社会の「テロに屈しない」「テロ組織とは交渉しない」という大原則を守り、その立場を鮮明にした。これは、先進国首脳会議(G7)が1973年のサミット宣言に盛り込んだテロ対策の指針に基づくものであり、国連安保理決議1904に準拠するものである。テロリストへの身代金支払いを全面的に拒否するというものだ。 また、安倍晋三首相は、事件発生以後、繰り返し「テロには屈しない」と発言してきたが、これはグローバル化した国際社会の中で、テロ対策は日本だけで達成できるものではなく、国際連携によってこそ実現できるものであることを再確認したものだといえる。 首相は、後藤さん殺害後、「テロは断じて許さない」と強い調子で非難するとともに、中東諸国へのさらなる人道支援を表明した。 かつて、自衛隊のイラク派遣後、年にイラク武装勢力により邦人3人の誘拐事件が起きた際、人質になった邦人の“自己責任論”が大きく取り上げられたが、こうした論議に先立つ大原則の堅守こそが、民主主義国家としての責務であることを明確にした。さらには、1977年に起きたダッカ日航機ハイジャック事件では、当時の福田赳夫首相が「人命は地球より重い」として身代金の支払いと「超法規的措置」として6人の刑事被告人や囚人の引き渡しを行ったことで、国際世論から厳しく批判された体験を忘れてはならない、ということだろう。. バングラデシュでイスラム過激派のテロが発生し、7人の日本人の方が犠牲になりました。それで日本の報道の一部、あるいはネット上の議論において、「日本人が標的になっている」との言説を散見します。また、襲撃の際におひとりの方が「私は日本人だ。撃たないでくれ!」と言ったということが報道されたこともあって、「日本人は以前はイスラム過激派の標的ではなかったが、最近は標的になった」「日本はいまや米英並みに敵視されている」などの議論も目にします。 こうした認識から、「日本でもイスラム過激派によるテロが起きる!」との声も聞かれます。 こうした言説はセンセーショナルなものなので、拡散されやすいですが、イスラム過激派の動向から検証すると、いずれも的外れです。. 「日本の悪夢が始まる」とイスラム国がビデオ声明を出したことを受けて、中東支援を表明した安倍晋三首相の責任論が、再び持ち上がっている.

「イスラム国」が「すべての日本人が標的」と警告 宗教人で狂信的な人々は、たった一言で爆弾を抱いて、日本人の群れの中に飛び込んでくる。 すべての日本人が標的と言うからには、既に、狂信的なテロリストが日本国内に紛れ込んでいると考えるのが. また、昨年1月にジャーナリストら日本人2名の身代金をISが要求する事件が起きた際、ISは日本政府を批判し、公式に日本人に対するテロを予告しました。 しかし、それで実際にIS支持者が日本を狙い始めたかということ、そうではありません。イスラム過激派系のSNSでは、日々、欧米諸国を批判するメッセージが大量に流れていますが、「日本」を非難するメッセージなどほとんど皆無です。誰も話題にすらしていません。 つまり、誰も「日本」「日本人」など意識していないのです。昨年からのISの対日脅迫は、まず彼らが日本人を人質にとり、身代金をとろうと考えたことから出てきた話にすぎないわけです。 ISとその支持者は現在、イスラム国家を建設するという目的のために、強大な敵である「十字軍」と命がけの戦争をしているつもりでいます。我々が「テロ」と呼んでいることを、彼らは「ジハード」と呼んでいますが、彼らも自らの命を捧げてジハードをしようというときに、わざわざ敵陣営でも末席にいる東洋の国を攻撃しようとは発想しません。 どんな世界にも変人はいますから、可能性がゼロとは断言しませんが、IS支持者が欧米諸国をさしおいて、わざわざ日本、あるいは日本人を狙うことは、ほとんど考えにくいことです。. 年1月22日(木)放送。イスラム過激派組織“イスラム国”が、72時間以内に身代金を支払わなければ、拘束している2人の日本人を殺害すると脅迫. 年11月18日イスラム国の機関紙「Dabig」にて「今は全ての日本人が標的だ!!」と、イスラム国が日本をテロの標的とする発言をしました。実際に年10月にバングラデッシュにて、現地の日本人がテロリストによって殺害されるという傷ましい事件も起きました。イスラム国は、この殺害は. イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」による日本人殺害脅迫事件に絡み、国内外で日本が狙われる新たなテロに警戒. See full list on news. イスラム国の人質となっている2人の日本 人.

roofan 年2月、日本はイスラム国から敵国と見なされ、テロの標的にされました。欧米と同じく武力を以って抑えこむのか?他にもっと良い方法はないのか?日本の立ち居振る舞いが試されています。 湯川さん、後藤さん、イ. 今回の事件がもたらしたもう1つの影響は、ISのテロ行為は、欧米だけが対象ではなく、日本も今後、「標的」にされるという現実を印象付けたことだといえる。同時に、今回の後藤さんの人質解放をめぐっては、ヨルダンに収監されていたイスラム過激派の女死刑囚との“交換釈放”が条件とされ、ISと日本だけではなく、ヨルダン政府を巻き込み、日本へ揺さぶりをかける事態となった。 中東諸国だけでなく、多くの日本人観光客が訪問するアジアのイスラム系国家などでも、同種の誘拐人質事件や傷害事件が起きる可能性がないとは言えないだけに、テロ対策の強化、情報収集、水際作戦の前線である領事業務の拡充は急務となった。 今回の事件では、年12月に発足した国家安全保障会議(NSC)が情報管理、事件処理に関する司令塔として動いた。どこまで情報収集できていたか検証が必要だが、事件の発端である湯川さん拘束の早い段階から情報把握されていたこと、同時に約半年間、情報漏れはなく、一定程度の情報管理機能を果たしていた。 NSCがなかった時代の同種事件では、情報混乱や“司令塔不在”批判が噴出してやまなかった。「日本標的」の可能性が高まる中で、NSCのような危機対処のための情報管理機能こそ重要であると言えよう。. See full list on nippon. まず、これは海外で暮らした経験のある方、あるいは多くの在日外国人の方には心当たりがあるかもしれませんが、日本のメディアで報じられるほど、海外では日本はそれほど関心をもたれていません。イスラム世界も同様で、「外国」といえばまず欧米諸国を、「外国人」といえばまず「欧米人」をイメージします。 IS(イスラム国)もアルカイダも戦争の相手として「十字軍」という言葉を多用します。「非イスラム教徒中心の欧米諸国」のことです。彼らが戦っているのは、「欧米人の異教徒」です。アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、その他の欧州諸国、カナダ、オーストラリア、それに今ならISと戦争状態にあるロシアも入ります。 イスラム 国 日本 標的 また、ISとその支持者は、明確に「背教者」も攻撃対象とします。同じイスラム教徒でも、宗派の異なるシーア派、さらには同じスンニ派でも、ISの軍門に下らないすべてのイスラム圏国家の政府当局、あるいはISに同調しないすべてのイスラム教徒も「敵」と見なされます。 かつてイラク戦争後の復興支援に自衛隊がイラクに入っていた頃、ウサマ・ビンラディンが発表した声明の中で、敵リストに日本が入っていたことがあり、「アルカイダが日本を狙う!」と騒がれたことがありました。しかし、それは有志連合をリストアップしただけのことで、日本などその末席に過ぎません。 当時、筆者は日本でアルカイダのテロが起きる可能性について、一貫して「その可能性は限りなく低い」と発言してきました。日本などイスラム過激派の眼中にないとの実感があったからです。. 引用:イスラム国の避難民に日本人らしき女性? 専門家の話だと、日本人でイスラム教徒と結婚する女性というのはいるので、イスラム国の戦闘員の家族に日本人がいる可能性もあると述べています。 「イスラム国」の実態④ 目指す国家像とは.

過激派組織「イスラム国(is)」に関係する. 「イスラム国」殺害脅迫 日本標的テロに強まる警戒感 今回の、邦人二名のテロリストによる惨殺の経緯をを見れば、日本政府に限らず、どの国もテロに屈しないと言う姿勢を示すためには、人質の命は犠牲にならざるを得ないという事が、よく理解できた.

イスラム 国 日本 標的

email: [email protected] - phone:(218) 214-8639 x 6692

剣客 商売 35 -

-> 大学 の フィリピノ 語
-> 失 われ た 勝利 マンシュタイン

イスラム 国 日本 標的 - Mojave


Sitemap 4

桂 竜士 流れ て 津軽 -